読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス論視点からみたアニメ感想【ハウルの動く城】

f:id:satosee:20151002232005j:plain

今回はビジネス論的でなく、恋愛的視点だな。

城をリニューアルした時のハウルは、惚れた女の関心を引きたい一心の行動が多くて微笑ましいです(笑)

リニューアル後の部屋を案内するハウル。家族も増えたからトイレも増やした、ばーさんの部屋もあるし、俺みんなのことを考えているよ的アピールが涙ぐましい。

「ホラ、これがソフィーの部屋」と言ったときのハウルは心の中でドヤ顔であったに相違なく(笑)

服も買っておいたよ♪ってwwww

次はね・・・・・

住む場所と、彼女の仕事ができる環境と服まで用意www
まさに恋の中にある死角は下心状態。


ソフィーの為に服も用意したらしいが、アレどうだったのでしょうね。
母親と言っていたのは、ハウルのセンスは大丈夫か?!ということwww
金髪チャラ男時代がアレだったので、シンプルな地味好みのソフィー的には「ねーわ、コレねーわ」な服だった可能性が高い(笑)
ソフィーなら手直しをして着てくれそうではありますが(^_^;)
男が選ぶ服は=着てほしい服なわけですがwww

若かりし頃、旦那に「これいいんじゃない」と言われて買ったワンピースを着て会社に行ったら、同期の男子に「ファンションヘ○ス嬢の着ている服みたいだね」と言われたことがあります(^_^;)
今では自分が着たい服しか着ませんから、あんな感じですが(笑)