建設機械が好きだ!

乗れます!撮れます!車両系建設機械(整地等)運転資格を持っているカメラマン池田智

こんな男は激しくイラネ

f:id:satosee:20150602214608j:plain

         ※写真は本文とは関係ありません。

トラブルにオロる男


まぁ誰だって嫌かもしれませんけれどね(^_^;)

我が家、特に母親と私の中で見るたびに「こんな男は激しくイラネ」となるCMがあります。

子供の発表会に車で向かう途中のトラブル(事故だか故障だか忘れた)
保険会社に連絡
「まず、奥様とお子様はタクシーで発表会会場に向かってください」
成程、妥当な判断だ。
旦那、コールセンターのおねいさんに向かいって一言
「僕はどうすればいいでしょう?」
母親・私「こんな男は激しくイラネ!ヽ(`д´;)/」


もうひとつ最近の自動車保険のCMでは
何にもないゆるいコーナでやらかした車の運転手(某俳優)
安心の事故受付け、迅速なロードサービスに「ああ、良かった」
部屋でくつろぎながら「単独事故だから良かったものの、これが対車同士の事故だったら・・・・」ってな台詞。
母親・私「こんな男は激しくイラネ!ヽ(`д´;)/」
「ひとりで車で出かけてこんな事故起こされたんじゃかなわん!ヽ(`д´;)/」
「というか、こんな男にハンドル握らせるな!怖くて乗っていられん!ヽ(`д´;)/」

 

いや、解る。CMの趣旨でこういうシナリオなのは解る。
いざという時に、オペレーターが、ロードサービスが万全のサポート体制でお手伝いします。
だから安心して加入しろ、ってことですからね。


今の仕事のコールセンターで10年以上、電話対応をしていますが10年前と今を比べると、明らかにこういう男性が増えてきているように感じるのです。

良くも悪くも「お客さん」

電話をかけて一言『困っています』とさえ言えば、
「何にお困りですか?」
「今はどこにいますか?」
「どういう状況ですか?」
状況確認のための質問をしてくれるから、それに答えればいい。
そして、言われたとおりに操作すると、あ、出来ました。はーい、どうもでーす。と電話をかけて仕事の一丁出来上がり。
みたいな感じです。

 

こちらも神ではないので、何でも直せるわけでもないのだが、
思った結果が得られないと解った瞬間、
『じゃぁ、どうしたら良いんですか?!!!(`Д´メ) 』
いや、だから今も説明したとおり、○○を▲▲して◆◇◆にしてくださいってお願いしましたよね(*_*)と思いつつ、
「お手数ですが、この電話切った後に★★に電話をして○○を▲▲して◆◇◆にしてみていただけないでしょうか」
『わかりましたっ!!( ̄皿 ̄;; 』と電話をガチャ切り


質問力が低下している
マニュアルは読まない
こっちは初心者なんで、一から懇切丁寧に教えろ


トラブルにオロる男=自力で解決できない=思考停止

事故を起こして、コールセンターに電話を掛けるのはいいとして、その後の対応もすべてお任せってどうなのよ。
自分で出来ること、出来ないこと、人に任せること、人に任せられないこと、
そういうことの判断が出来ない男は激しくイラネ

仕事でこうなら、プライベートのときも推して知るべし

プライベートでああなら、仕事もそれなりだと


私はトラブルのときに男の真価って問われると考えているので、こういう点は辛口です。スミマセン。

これから伴侶を探そうという乙女さんたち、
「いざというときにオロオロしない男かどうか」を判断にするのもひとつの考え方かもしれませんよ(`w´


Satosee!