Satosee!Link

建設機械が好きだ! 撮れます!乗れます!車両系建設機械(整地等)運転資格を持っている建機専門カメラマン池田智

どうであったか。ではなく、どうありたいか。でしょ!

 f:id:satosee:20151218201957j:plain

今年の漢字が発表されましたね。

毎年これが発表される頃、私も来年の漢字を決めます。

来年は「定」にしました

今年の漢字はその年ごとの世相を表す意味で面白いと思う。

けれど個人でやるのは如何なものか。
12月は今年がどうだったか?ではなく、来年はどうありたいか?どうしたいかを考えている時期なんです。
人によっては12月じゃ遅いという人もいるのではないでしょうか。
私は今年の自分を振り返り、来年はこういう1年にしたい。こうありたいと考えて「定」にしました。

2013年:開

2014年:進

2015年:昇

2016年:定

振返るとけっこうこの漢字の通りになっているのです。
なっているのか、しているのか、比率は判然としませんが。

「定」にした理由

開→進→昇と3年間駆け抜けてきた感があります。
無我夢中で突っ走った感覚で、一歩間違えれば糸の切れた凧にもなりかねないから「定」
ホップ→ステップ→ジャンプ→ランディング(着地)

ホップ・ステップ・ジャンプとはよく言うしそれも大事だけれど、着地も重要だと思うのです。

新体操でもフィギュアスケートでも、着地が上手く行くと点数も上がります。
ジャンプしたのはいいけれど、体の軸がぶれていると着とを失敗したり、よろけたりします。
着地が上手く行けば50%は成功だと個人的には思うのです。
「定」とは着地。

2016年は「開進昇定」の1サイクルのまとめという位置づけです。


「開進昇定」かいしんしょうじょう
物事を切り開き、進め、上昇し、定着する様を表す四字熟語。

・・・・・ヾ(*´∀`)ノ゙ うそです!
いま適当にでっち上げただけです!
でもMyオリジナル四字熟語にしよう(笑)

PDCAみたいに「開進昇定」も物事を展開するサイクルの考え方のような感覚で使おう。

来年はどうありたいか。考えてみるのも良いかと思います。

Satosee!