Satosee!Link

建設機械が好きだ! 撮れます!乗れます!車両系建設機械(整地等)運転資格を持っている建機専門カメラマン池田智

【フィルム】BRONICA RF645×FUJIFILM PRO160NS【使ってみた】【銀塩】

f:id:satosee:20170820114050j:plain

ちゃんと撮ればすごいカメラ

 

不慣れでピント合わせが下手っちょ・・・orz

2000年11月に発売されて、2005年10月に生産

終了。同時にブロニカ中判カメラ事業も終了。

ってなんかもったいない気もします。

事業として成り立たなくなったのでしょうか。

f:id:satosee:20170820142424j:plain

フィルム装てんから取り出しまでドキドキ

 中判カメラなんて使ったことないもの。

ネットでググりながら装てん(@_@)ドキドキ

それでもなんとかできたのは、昔父に教えて

もらっていたからだろうなぁ。

自動巻き上げじゃない、手動の手巻き上げの

やり方を。お父さん、ありがとう。今も役に

立っているよ。

f:id:satosee:20170820142559j:plain

紙でクルクル巻いただけって大丈夫なの?

 中判ってナニもかも初めてで、フィルムの

取り扱いにもドキドキ・ヒヤヒヤ。

35mmはパトローネに入っているから丈夫

そうで不安はないけれど中判用フィルムは

紙でクルクル巻いてあるだけで、コレ感光

しちゃうんじゃないの??大丈夫??と不安

を覚える。装てんよりも取り出しの方がヒヤ

ヒヤした。

何枚撮れるかよくわからず、手探り過ぎて

撮ること自体を楽しむ余裕もなかった。

f:id:satosee:20170820142700j:plain

BRONICA RF645は9月生まれの執事のようなカメラ

 

もういっそのことセバスチャンって呼ぼう

かしら・・・・(笑) 冗談はさておき。

フィルムカメラ銀塩の味わいを差引いても

独特の空気感がある。ちょっと古臭い、昭和

チックな画になる。20年ほど前のコンパクト

カメラでもレンズなのか、本体なのか、両方

なのか昭和に撮ったような写真になる。

それが魅力でもあるのですが。

ところがこのカメラは、古臭さを感じない。

淡々と”今”を画にしている。特にカメラ独

特の癖のようなアクの強さもなく、でもきっ

ちりと仕事をこなす。まるで執事のよう。

でしゃばることもなく完璧無比に遂行する。

 

楽しいのでちょっとずつ大事に使いたい。

 

とうとう中判デビュー♪

Satosee!