建設機械が好きだ!

撮れます!乗れます!車両系建設機械(整地等)運転資格を持っているカメラマン池田智

誰にも負けない専門性を見つけて、育てる

dime.jp

クリエイターEXPOで@DIMEの取材を受けました。

出展していた700のブースから3人をチョイスした中の1人ってことです。

それってすごいことじゃない?

きっと「私を取材して!!」って方は多かったと思うもの。

 

本日はライターの講義の日。

講師も先日のブログと同じことを言っていました。

「1つか2つ、人に勝てる専門性を見つけよう」

「更に他にもできることが7つあったら十分やっていけるよ」

ああ、それって右手のメインカードと

左手のサブカード論と同じね。

「ただ、専門分野を『映画』としても、そんな人はたくさんいるから専門性にならない」

「『ポーランドドキュメンタリー映画専門』と言えばだれにも負けない分野になる」

「専門分野は狭くていい」

そうですよね、ニッチでいいのですよね。

ただ女の子専門のカメラマンというよりも

着物・和装専門とした方がいいと言ったのも同じ。

専門分野を決めれば、掘り下げるのはその専門分野に対してだけなので、楽かつ効率がいい。


好きなことであれば、学ぶことも語ることも楽しい。

学ぶ→知識が深まる→語る→聞いた人が喜ぶ→もっと学ぼうと意欲が出る

もう好循環しかありませんね。

Satosee!