Satosee!Link

建設機械が好きだ! 撮れます!乗れます!車両系建設機械(整地等)運転資格を持っている建機専門カメラマン池田智

ブランディングというか珍獣になりきる覚悟

f:id:satosee:20170701213730j:plain

写真:町野健

池田智とは何をする人か?

 

わかりやすくを主眼にブランディングをした結果

全身黄色い人になったわけです。

物珍しがられてブースとセットで写真も撮って

もらいました。

「写真、いいですか?」に、大丈夫ですよー

って言ったら、一緒に写るパターンだった。

気分は浦安のネズミ小屋のチュー公の気分。

あ、ちょっと調子に乗りすぎか。でも観光地に

行ったらよくわからないゆるキャラがいたから

取りあえず記念撮影、うぇーい!ってところ?

 

後悔はしていません。

むしろ、覚えめでたき

面白がってくれるのでもOK

 

あのセルフマガジンを見たら、全身黄色い人を

思い出してくれると思うもの。

 

マガジンもね、黙って置いておいたら持って

行ってくれたわけではないです。

通る人に「こんにはー」と声をかけ、

連続10人くらいにスルーされて、ようやく1冊

とか。ほぼほぼ立ち通しでした。

そこは去年と変わらず、1000冊の道も1冊から

スルーされてもめげない気持ちが必要。

 

だって、ここまでニッチな分野に特化したら

求めている人材ではないことの方が普通とも

言えるくらいなんです。

 

挨拶してマガジンを差し出して

ブースの文字を見て(二度見されることも多い)

自分には不要とスルー(これが一般的な反応)

 

通り過ぎかけて二度見して、そのまま

「フフッ、フフフ・・・・」って反応の方は

求めている人材ではないが、面白いと心が反応

しているので、マガジンをお持ち帰りいただく。

こういう黄色いのがいたと覚えてくだされば!

 

去年もブースに来てくれた方もいました。

 

某大手雑誌社の方に、「建機・重機・工事現場

専門カメラマンでーす」と声を掛けたら、

「お名前だけは存じてます」って、いつそんな

有名人に?!

月曜日に某社に電話をして問合せをしたら、

金曜日に来てくれた。しかも問い合わせの内容

も把握していた(@_@)

 

木曜日に来てくれて、次の日にもう一回来て

くれた会社も!

 

有難いと同時に、ヘルメット着用などの基本

を怠ることなく、安全にいい写真を撮って

喜んでいただけるようにしたい!気持ちを

新たにしたクリエイターEXPOでした。

Satosee!