読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結果としてコンパクトデジタルカメラが生き残った話

f:id:satosee:20170226123146j:plain

2008年12月にニコンダイレクトのセールで
1万円で買ったCOOLPIX P60

 

1年後にAQOSケータイ941SHに機種変した時に
「機種代金一括支払いなら10万ですよ」の
店員の言葉に、内心


バカヤロウほぼ同じ画素数COOLPIX P60は
1万円だったぞボケェ! と毒づいたわけです。

 

実際941SHもちょっとしたコンデジ並みに撮影
モードもありました。

 

だがしかし!その”これだけ撮れたらデジカメ
いらないんじゃね?”の941SHは計画的陳腐化
のなせる業かぴったり2年で壊れました。

 

だーかーら!携帯にあれこれギミックを詰め込
みすぎるから。いや、スライド式のギミックに
飛びついたのは私なんですけれど(笑)

 

COOLPIX P60は今でも使えます。
1年前にはデジタル一眼ぶっ壊した友人に臨時
派遣したことも。

 

ガラケーコンデジ並みの画素数のカメラを
つけることはできるが、耐久性はよくない。

 

昭和ネタで恐縮だが、テレビデオを思い出す。
テレビとビデオが一体になって画期的~♪
ではあったけれど、ビデオデッキ部分が壊れる
とテレビ本体ごと修理に出すことになる。
つまり修理の間はテレビが見られない。
結果、壊れたままにするケースが多かったのだ
とか。

 

単機能の方が長持ちするというのはあるかも。

 

高画質(当時)のカメラ搭載のガラケーは手元
には残っていないけれど、

 

ほぼ同じ画素数コンデジは残っているという

お話でした。

Satosee!