建設機械が好きだ!

撮れます!乗れます!車両系建設機械(整地等)運転資格を持っているカメラマン池田智

モデルの資質とは

f:id:satosee:20161122214040j:plain

 モデルの資質って何だろう?

先に謝っておきます、私もまだ答えを見つけて
いません。

モデルって美人であればOKなの?

 

答えはYESであり、NOでもあります。


誤解を恐れずに書くと、可愛いだけ、美人なだ
けで勘違いしてモデルになれるんじゃないか?
って考える人は存在するようです。
どこからどう撮っても美人な人は、多分いずれ

仕事が無くなる気がします。
だって、どこからどうっても美人ってことは
どこからどう撮っても同じ美しさしか撮れない
ということ。


それなら石膏像を色々なシチュエーションや
ライティングで撮った方が楽しいかも。
石膏像なら雨の河原に3時間置いて撮影しても
文句言いませんからね(笑)


モデルって皆が考える以上に
体力だったり
知力だったり
胆力だったり
根性だったり
その他色々なスキルが必要です。


CMや作品つくりのために過酷な環境に身を
置かなくてはならないこともあります。


露出が多くなくても、え?!というような衣装
で撮られることもあります。


私が「モデルの資質」を考えるきっかけに
なった写真展


INFINITY VS-僕らと、たった一人のモナ-

1人のモデルに対して9人の写真家が撮影した
写真展。
写真家によって衣装もシチュエーションも違う
写真家がそのモデルをどう料理したか?という
こと、そしてそのモデルが素材としてどう料理
されて作品となったか?


もちろん、写真家も名だたる写真家揃いであっ
たわけだけれど、いくら写真家の腕やセンスが
あってもモデルの資質が無いと凡庸な写真にな
ると思うのです。


モデルの資質とカメラマンの資質は両輪、相乗
効果で作品になるとも思います。


モデルは良質の素材を提供し、写真家は素材の
良さを最大限に引き出しつつ、自分のセンスと
いう角度をつけて料理する。


そうやって出来上がった作品が見る側に受け取
られるか否かの問題。
受取られなかったから駄目だったわけではなく
受取る側の資質というか好みの問題。


イタリア料理が大好きな人に中華料理を出して
箸が進まなかったとしても、それは単に好みの
問題で、中華料理そのものが否定されたわけで
はない。そこが分っていれば怖いものはなし。


たまたま伊勢海老に生まれたからと言ってレス
トランでスターになれるとは限らない。
カリフラワーに生まれたからと言って、一生
メインディッシュになるチャンスが無いわけで
もない。


持って生まれた資質だけですべてが上手く行く
ことの方が稀で、先天的な資質プラス後天的な
資質を合わせて勝負する必要がある。


モデルに限らず写真家も同じで、上位機種の
カメラを買っただけではプロにはなれない。


そこに己のセンスや技術を付加して勝負する必
要がある。

 

モデルの資質、写真家の資質の完全な解ではな
いけれど今の時点の着地点としてはこれでいい。

 

足りないものだらけだからこそ、
日々研鑽あるのみ。

Satosee!