建設機械が好きだ!

撮れます!乗れます!車両系建設機械(整地等)運転資格を持っているカメラマン池田智

私の承認欲求の正体

f:id:satosee:20160219205445j:plain

『ルポコールセンター 過剰サービス労働の現場から』
著者:仲村和代
出版:朝日新聞出版
価格:1,296円(税込)
発行:2015年10月

『神経すりへる離職率9割の現場「コールセンター」が沖縄に集中している』

この記事を読んで購入。

「実は高度なスキルが求められるのに、賃金は低く『誰にでもできるよう仕事で、大したことはしていないんだ』と刷り込まれる・・・・・(後略)・・・・・」本文より引用

この感覚は本当にあちらこちらに蔓延している。

「お仕事は何を?」

コールセンターです

「ああそうですか」(なんだ電話のおばさんか)

世間一般も、コールセンターを誘致する自治体の社員も、コールセンターをアウトソースする企業も「誰にでもできるよう仕事で、大したことはしていない」

だから、なんだ電話のおばさんか。となり、

誰にでもできるなら、誘致して雇用促進になる。と安易に考えられ、

企業も誰にでもできる仕事だからアウトソースして、コストを下げようと思われる。


「実は高度なスキルが求められるのに、賃金は低く『誰にでもできるよう仕事で、大したことはしていないんだ』と刷り込まれる・・・・・(後略)・・・・・」本文より引用

今まで自己評価が低かったのと、この刷り込みから、私が出来る程度の仕事は誰にでもできる。
つまり、コールセンターも私が出来るのだから誰でも出来ると思っていた。

そのため

「お仕事は何を?」

電話のおばさんヽ( ´ ▽ ` )ノって自分から言ってしまうことも・・・・・

そしてお約束の「なんだ電話のおばさんか」反応に、実際はそんなこともないのに・・・・・とモヤモヤしていた。

このモヤモヤの正体ががはっきりせず、自分の自慢がしたいだけ?痛々しい自己承認レベル??と悶々としておりましたが、文中の一文、

「オペレーターと話していて感じるのは、待遇の悪さやストレスの高さへの不満以上に、その仕事が正当に評価されていないことへのやるせなさだ。(後略)」本文より引用

あ、これだ!悶々としていた正体はこれだ。

自分が、ではなく自分の仕事を、自分の仲間を正当に評価されずに『誰にでもできるよう仕事で、大したことはしていないんだ』って軽んじられるのが悔しかったのだ。

 

Satosee!

 

 

www.excite.co.jp