建設機械が好きだ!

撮れます!乗れます!車両系建設機械(整地等)運転資格を持っているカメラマン池田智

雪の日に出社する社畜精神に農耕民族の気質を見る

f:id:satosee:20160127211133j:plain

日本=農耕民族と括るのはあまりにも乱暴だし、じゃぁ海沿いの漁業はどうなるってハナシ。
欧米=狩猟民族でもない。

そこを踏まえた上で私の感覚で、雪が降っても台風でも何としても職場に向うのって、農耕民族的気質かなーと。

要するに職場=田畑に行く。なのかなーと。

よく台風などのときに田畑の様子を見に行って、用水路に落ちる。という事故を聞くけれど、これも農耕民族的気質かなーと。
これをお茶の間で見ていると「何でそんな時にわざわざ様子を見に行くのだろう?」って失礼にも思うことも実はある。
けれど、生活の糧である大切な田畑=職場だ。気になって様子を見に行くのは至極当然のこと。その時に事故という不幸な状況が重なっただけだ。

 

狩猟民族にとっての職場とは”移動するもの”だけれど、農耕民族の職場とは”固定されている田畑”だ。

在宅勤務、ノマドワーカーは狩猟民族系、出社して会社で仕事をするのは農耕民族系ということになるだろうか。

いささか、いやかなり乱暴すぎる区分けだと、書いている自分でも突っ込みたくなるけれど(笑)

 

フリーランスや在宅勤務、ノマドワーカーから見ると、大雪であろうと万難を排して職場に向かおうとする人を、社畜だ、いい加減そんな働き方から離れればいいのに、自分はそういうストレスから解放されてハッピーだ。社畜カワイソスwww
みたいな風潮で語られるように感じるのは私の僻みか??

フリーランスや在宅勤務、ノマドワーカーだから勝ち組か?
会社に出社して仕事をしたら社畜で負け組か?

そういうのやめませんか?

いいじゃないですか、その人に、その人のライフスタイルに合った働き方は人それぞれですよ。
朝型、夜型でも快適な勤務時間は違いますし、シフトや夜勤でずれる場合もある。

もっというと在宅勤務、ノマドワーカーがその勤務形態で働けるのは、会社で働く人がサポートしているケースだってある。
お互い最適な形でサポートし合って成り立つのが仕事じゃないの?


もちろん、在宅勤務、ノマドワーカーの方が適した働き方のタイプの人が、会社に出社しないと仕事にならないような働き方をするのはしんどいことかもしれない。

逆に会社に出社した方が適したタイプが、在宅勤務、ノマドワーカーにシフトするのも不幸なケースだ。

ミスマッチもあるでしょうけれど、適材適所でうまく回ればいいなーと思います。

 

雪が降っても台風でも何としても職場に向うのもどうかと思うけれど、

それ以上に、その行動を馬鹿にしたり、無駄なことのように語られることに違和感を覚える。ってハナシでした。

 

Satosee!