建設機械が好きだ!

乗れます!撮れます!車両系建設機械(整地等)運転資格を持っているカメラマン池田智

夢に梯子を掛けよう

f:id:satosee:20150809085207j:plain

 

下書き発掘(笑)
タモリが夢を持つ生き方を否定「夢があるようじゃ人間終わりだね

これを読んでまぁそうだよね。と思うのと、要するに梯子が有るか無いかの違いなのかなーと自分なりに解釈してみた。

 

「いつかインドに行きたいんだよねー。これが俺の夢」
というのがあったとして

 

「いつか行きたい」
「うん、いつか行けたらいいな」と何もしないのは確かに人間終わっているかも。
終わっているというよりも、残念だし、つまらない。

 

これは手の届かない高いところに「夢」を置いて、置いたことに満足しているだけの人
「いつか起業したいと思っています」なんて言うのも同じかも知れません。

 

なんか
「夢のある俺かっこいい」

「ただ目的もなく会社と家を往復する夢の無い奴らとは、俺、明らかに違う」

いや目くそ鼻くそですってwww

こういう人は、一生インドにも行けないし起業も出来ない。
出来たとしても、何も得られないか失敗すると思う。

理由は夢に梯子をかけていないから。


「インドに行きたい」
・とりあえず旅行ガイドを買ってこよう
・他にもブログや、インド関係の本を読むとか情報収集しよう
・どこに行こうか、どのように周ろうか
・日本からどうやって行こうか
・どれくらいお金が掛かるのかな
資金が足りないかな、貯金額を増やそうか、バイトを増やそうか
・行くならいつの時期がいいかな
・ブログにも「インドに行きたい」、「インドに行く!」と書きましょう
・リアルやSNSやLINE、Twitter等でとにかく宣伝&宣言しまくりましょう
・師匠が言っていました「100人に話せば夢は叶う」って

 

夢に梯子を掛けるというのは、一段ずつ夢に近づくための行為。

もちろん最初は短い梯子しか掛けられなくて、夢に届かないことも有るかもしれません。

梯子から落ちることも有るかもしれないし、梯子ごと倒れてしまうかもしれない。

失敗してもいいのです、足りないものがあってもいい

失敗した原因を直して再度挑戦、足りないものを補って先に進む。


夢を高いところに置いて動こうとしない私に、自戒の意味も込めて。

とにかく動け、動かせ!

梯子を掛けろ!

そして一段ずつ登れ!


Satosee!

 

news.livedoor.com