読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦円満の為の”ベッド内別居”のススメ

ライフハック・お役立ちネタ

f:id:satosee:20150702045433j:plain

     ※↑いろいろツッコミどころ満載でスミマセン(~_~)

夏が来ますね
暑い夏が来ますよね
熱帯夜でもゆっくり寝たいや
そんな我が家では異なる体感温度の折衷案として、ベッド内で別居しています。

タオルケットを3枚重ねた下に寒がりの夫
タオルケットを3枚重ねた上に暑がりの私
私はお腹を冷やさないように薄手のタオルケットを1枚掛ける程度。
そしてエアコンを27~28度に設定して眠る。

 

我家はこれを「レイヤー分け」と呼んでいます
OSI参照モデルのイメージねww)
少し厚めの長袖のパジャマを旦那に着せて、君は下位のレイヤーで眠りなさい、私は上位のレイヤーで眠るから。とか言って(笑)


この季節に悩ましいのが夫婦の温度差
一般的に多い様子なのが、
旦那が暑がり、
奥さんが寒がりのパターン。
暑い!寒いの攻防戦が繰り広げられます

 

我が家は旦那が寒がり、私が暑がりの逆パターン。
エコの観点と旦那の体感に合わせてエアコンなしで眠ると・・・・・
・・・・・眠れないアル・・・・・
疲れているのでウトウトするものの、暑くて寝苦しくてすぐに目が覚める。
3時間ほど経過すると体内に熱がこもるのか、発熱時みたいに皮膚が痛くなり眠れない。
暑い・苦しい・熱い・痛いとモダモダゴロゴロしている内に起床時間に至る。
十分に休眠できていないので、会社でのパフォーマンスが低下して、居眠りしそうになる。
眠気を払うドリンクでドーピングにドーピングを重ねなんとか仕事をこなす。
こんな生活を1週間過ごしたら倒れます。
でも、寒いと旦那が風邪をひきます。
そこで編み出したのが、この折衷案。
同じレイヤーに寝て、うっかりくっつくと暑いし!触るな!になる(-_-;)
寝室を別にするほど部屋も余っていないし・・・・・
!!そうか(o゚▽゚)oレイヤーを分ければいいのだ!

夫婦仲が冷え切っているからではなく、夫婦円満の為の”ベッド内別居”
夜のエアコン攻防戦をしているご夫婦の皆さん、ベッド内で別居してみませんか(^皿^)/


Satosee!