読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス論視点からみたアニメ感想【映画くまのがっこう~ジャッキーとケイティ~】

アニメ・マンガ ビジネス思考 感じたこと・思ったこと

ジャッキーに学ぶ「やり遂げようとする情熱」

「映画くまのがっこう~ジャッキーとケイティ~の」ネタバレが含まれています。
ご注意ください。
f:id:satosee:20150614081459j:plain

         ※写真は本文とは関係ありません。

ケイティの好きな花をプレゼントしたい。早く元気になって欲しい。
そんな一心からジャッキーは奮闘します。

ケイティと一緒に行った花畑は、雨で増水して流されてしまいました。

ケイティのお父さんに諦めるように言われますが、ジャッキーは諦めません。

花屋→取り扱っておりません→でも山の上になら咲いていますよ。

 普段だったら一人で行くことも無いような山の中を進みます。

「ケイティの好きな花をプレゼントしたい。早く元気になって欲しい」

その気持ちを原動力にして、危なっかしい丸太橋も確認しながら渡ります。

バランスを崩してもまた進みます。

転んでも泣きません。また進みます。

実は心配性の兄たち(11匹!)がこっそり後を付けています。

転んだときも、思わず手を出そうとする兄を他の兄が止めます。

黙って見守ろう。
これ、意外に難しいです。

たくさん摘んだ花も、小さいジャッキーが抱えて走るそばからこぼれ落ちて行きます。

山を下り、ケイティの家の目前で転んだ時に、とうとう最後の花も折れて、茎から外れてしまいました。
くっつけようとしても元には戻りません。
頑張って頑張って、最後の最後でとうとうジャッキーは泣き出してしまいます。

そのとき、頭上から花とお兄ちゃんの声が降ってきます。

ネタバレが目的ではないので、この先は省きますがケイティにお花をプレゼントして、彼女は元気になってめでたしめでたし。

「はじめてのおつかい」的ハラハラと微笑ましさを感じつつ、目的を遂行しようと頑張るジャッキーに「やり遂げようとする情熱」を感じるわけです。

手法が正しくなかったかもしれない、もっと早いうちに誰かの手を借りる選択肢もあったかもしれない。

それでも「やり遂げようとする情熱」が1番の原動力だと気づかされます。

頑張っているからこそ、他の人も手を貸してくれるのです。


自分も含めて、大人になると変なプライドやなんやらが「やり遂げようとする情熱」の邪魔をします。
出来ない言い訳、しない言い訳を腕一杯に抱えて立ちふさがります。

 

出来ない言い訳、しない言い訳を腕一杯に抱えていてもいいです。

それでも走り出してみませんか?

そうすれば、出来ない言い訳、しない言い訳が抱えて走るそばからこぼれ落ちて行きます。

転んでもその先には「やり遂げた自分」がいるのです。


いささかこじつけ臭いですが、転んでも泣かずに進むジャッキーの姿に「やり遂げようとする情熱」をみたのです。


Satosee!